1/9

『砂の器』と木次線

¥1,980 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

『砂の器』と木次線
村田 英治(著) 

四六判 並製本 322P
定価1,980円(本体1,800円+税)
ISBN 978-4-86456-496-0
C0036 ¥1800E

2023年12月15日 初版発行
2024年 2月 1日  第2刷発行
2024年 3月 10日 第3刷発行


あの伝説の名シーンは、いかにして生まれたのか?

日本映画屈指の名作『砂の器』公開から50年。
膨大な資料と証言から浮かび上がる、1974(昭和49)年の島根・木次線沿線ロケの実相。
風土・人・時代と作品との関わりから、ローカル鉄道と地域の記憶をつなぐ。

---

第1章 「亀嵩」はどう描かれたのか 
映像の中の「亀嵩」/今西刑事編/本浦父子編 

第2章 1970年代の木次線と地域
なぜ駅にそば店ができたのか/木次線 激動の歩み/「持ち直し」の時代/合理化で変わった駅の姿

第3章 なぜ「亀嵩」が舞台になったのか
松本清張と亀嵩/リアルな出雲弁の秘密/映画化までの紆余曲折

第4章 地域の記憶をつなぐ 
町にロケがやってきた/役場とエキストラ/意外なつながり/ヤマ場となった下久野ロケ/記憶を伝える宿/見えてきたもの/その後 

---

著者:村田 英治
1965年、島根県仁多郡横田町(現・奥出雲町)に生まれる。
小学生の時、地元の木次線・八川駅で『砂の器』ロケに遭遇。
1988年、NHK入局。ディレクター、プロデューサーとして番組制作に携わる。
2022年に退職、執筆活動に取り組む。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (2)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,980 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品